HOME > 椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニアは、背骨と背骨の間でクッションの役割をする椎間板が何らかの原因により飛び出し、周囲の神経を刺激することで、腰や足に痛みやしびれの生じる疾患です。非常に多くの患者さんが椎間板ヘルニアを患っていますが、椎間板ヘルニアの一般的な症状は腰痛よりもむしろ坐骨神経の領域すなわち太もも、ふくらはぎ、足のしびれや痛みであることはあまり知られていません。臀部から太もも外側、ふくらはぎ、足の指の痛みやしびれが典型的な症状です。いわゆる坐骨神経痛の原因の多くが椎間板ヘルニアなのです。
椎間板ヘルニアに関する情報をお届けいたします。

古代から坐骨神経痛はありふれた疾患として医療者に知られてきました。それは坐骨神経の走行に沿って臀部から下肢に放散する痛みのことを言いますが、臀部から下肢に至る様々な症状に対して無差別にその言葉は使われています。いわゆる坐骨神経痛の原因は様々ですが、MixterとBarrは椎間板が周囲の組織を破って脊髄神経を圧迫することがその主たる原因であることを1934年に突き止めました。神経放射線学的な研究では坐骨神経痛の症例の85%は椎間板の障害に関連することが確認されています。また、椎間板ヘルニアの重い症状としては歩行困難の他に膀胱直腸障害があります。これは、排尿・排便障害とも換言でき、悪化すると失禁が現れます。
椎間板ヘルニアは軽症のものであれば自然に治りますが、1~3か月以上症状が続く場合は、自然に治らないか、治るとしても回復まで相当の期間がかかる可能性があります。最近は、低侵襲の治療法が複数選択できるようになっています。中でも体に侵襲が小さく、早期であれば極めて高い治療効果が期待できるPLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)が改めて注目されています。

初診予約

メール問合せ

オンライン診療