HOME > クリニック紹介 > 担当医紹介

担当医紹介

担当医 ごあいさつ

動くたびに響く腰の痛み。
朝起きると動けないほどに重たい腰。
座るたびにつらくなる足の痺れ。立ち続けるほどに我慢できなくなる足の痛み。
ひどい肩コリのような頑固な痛みや重さ。
腕にまで響くいやな痺れ。 踏ん張りが利かずに歩けなくなってしまったり、腕に力が入らず不自由していたり。
そんな症状にお悩みの方は、意外と多いのではないでしょうか?

そうしたつらい症状を訴えて病院に行きヘルニアと診断を受けたけれど、医師から手術する程ではないからと言ってずっと薬だけ出されたり、漫然と牽引や電気、温熱治療を続けさせられたり、ブロック注射を何度も受けなければいけなかったり、2~3ヶ月で症状が軽くなるからと言われて治療を続けたけれど、あまり状況が改善せず「まだまだつらいです」と訴え続けたら、そのうち「そのくらい我慢しなさい」と逆に怒られてしまった、などといった話を意外なほどよく聞きます。

軽度から中等度の椎間板ヘルニアで全身麻酔での手術を勧められないのには理由があります。
しかし、そうした立派な理由も、つらい毎日を過ごされている皆さんにはある種どうでも良いことなのかもしれません。

PLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)は椎間板だけに作用する治療です。
その他の骨、靭帯、軟骨、筋肉といったものを変化させることはないため副作用が非常に少ない治療だといえます。
もちろん、どんな人にでも受けられる治療ではありません。
100%の効果が保障された治療でもありません。
しかし、とてもつらかった症状が本当に楽になりました、と非常に多くの方に実感して頂いているのは事実です。
椎間板ヘルニアを取り囲む状況は千差万別です。あなたが下された一見別の病気の診断の中に椎間板ヘルニアが隠れていることもあります。

お困りでしたら一度ご相談ください。
PLDDで、驚くほど快適な毎日を再び手にいれることが出来るかも知れません。

患者様からのお手紙をまとめたページもあわせてご覧ください。

担当医 泉 雅文 プロフィール

担当医

経歴

全国ランキングいい病院2012に泉雅文が掲載されました。

大きな画像で見る

初診予約

メール問合せ

オンライン診療